ホーム > 財団の概要 > ごあいさつ

財団の概要

ごあいさつ

一般財団法人理数教育研究所 理事長 岡本和夫

理数教育研究所は創立以来,「理数科教育の振興と活性化に向けて,小さな一歩を踏み出し,将来への希望の種を撒き,科学と文明の向上と我が国の進展に寄与・貢献していきたい」と念願しつつ事業を進めてきました。

持続可能な科学技術の開発とそれを担う人材の育成がますます重要となっている今こそ,広い場面で将来への希望の芽を生むことが喫緊の課題であると言っても言い過ぎではないでしょう。

近年の社会的な話題として,高大接続改革があります。中等教育から高等教育の接続を担うべき改革の実効性のある推進が求められています。とりわけ両者を繋ぐ入学試験の在り方の変革が世間の興味と関心を集めていますが,高大接続改革が一体として行われることに,その意味の重要性があります。

新しい学習指導要領の改訂も同じ流れの中にあります。今回の改訂は,①知識及び技能,②思考力,判断力,表現力等,③学びに向かう力,人間性等,の三つの柱ですべての教科等を再整理したもの,とまとめることができるでしょう。この考え方は,学校でどのような授業を展開するのかだけに留まらず,高等教育にも通用します。一方,理数科での学びという視点からは、上に引用した三つの柱はずっと堅持してきたことではないでしょうか。私どもが取り組んできた事業がいよいよ重要なものになったと自負する所以です。

世間の話題となっているAIの発展も,新しい将来と希望に向けたものとなるような,数理的知性に基づく広い人材育成に今後とも力を向けていく所存です。

一般財団法人
理数教育研究所
代表理事(理事長)
岡本 和夫