ホーム > 算数・数学の自由研究 > 作品コンクール 第5回(2017年度) > 審査と表彰

算数・数学の自由研究

作品コンクール 第5回(2017年度) - 審査と表彰

「なぜ?」「本当?」「どうなる?」からはじまる算数・数学の自由研究 MATHコン~数理の輝き見つけて活かす~

審査

  • 小学校低学年の部・小学校高学年の部・中学校の部・高等学校の部の4部門に分けて行います。
  • まず各地域(ブロック)で選考した後,中央審査を経て,受賞作品を決定します。
  • 審査にあたっては,次のような点を重視します。
    • 日常生活や社会で感じた疑問,あるいは算数・数学の学びを発展させた数理的課題から,研究したいテーマを見つけているか。
    • 算数・数学的な見方・考え方を活用して創意ある研究を行っているか。
    • 研究で気づいたことやわかったこと,自らの解決方法などを,レポートにわかりやすくまとめているか。

中央審査委員(予定)

委員長 根上 生也 横浜国立大学大学院 教授
委員 銀島 文 国立教育政策研究所 総合研究官
桜井 進 サイエンスナビゲーター
坪田 耕三 青山学院大学 教授
中島 さち子 ジャズピアニスト
藤田 岳彦 中央大学 教授
蒔苗 直道 筑波大学 准教授
渡辺 美智子 慶応義塾大学大学院 教授

(五十音順)

賞(予定)

最優秀賞 塩野直道賞 全応募作品の中から,小学校低学年の部,小学校高学年の部,中学校の部,高等学校の部から各1作品
文部科学大臣賞 全応募作品の中から1作品
Rimse理事長賞 全応募作品の中から1作品
優秀賞 読売新聞社賞 全応募作品の中から1作品
内田洋行賞 全応募作品の中から1作品
学研賞 全応募作品の中から1作品
日本数学検定協会賞 全応募作品の中から1作品
特別賞 審査委員特別賞 全応募作品の中から最大4作品
奨励賞 Rimse 奨励賞 小学校低学年の部,小学校高学年の部,中学校の部,高等学校の部から各最大10作品
  • 受賞者に,賞状と記念品を贈呈します。
  • 応募者全員に,参加賞と審査委員からのメッセージをお届けします。
  • 賞状,記念品,審査委員からのメッセージのお名前につきましては,環境依存文字の場合,新JIS規格(JIS020)での表記となることがあります。ご了承ください。
  • 審査の結果,各賞の受賞該当者がない場合もあります。

審査結果発表(予定)

  • 受賞作品は2017年12月末にホームページにて発表します。また,2018年2月発行予定の広報誌『Rimse』で紹介します。
  • ホームページ,広報誌『Rimse』に掲載するお名前につきましては,環境依存文字の場合,新JIS規格(JIS020)での表記となることがあります。ご了承ください。
  • 最優秀賞・優秀賞の受賞者および保護者を招いて,2017年12月に表彰式を開催します。