ホーム > 活動報告 > 東京懇談会

活動報告

東京懇談会

1.東京懇談会について

①趣旨

当財団が目指す「科学技術創造立国の基盤となる理数科教育の更なる振興」と,教育基本法が示す教育の目的・目標の達成を目指すにあたり,学校教育の専門家が一同に会し,理数科目を中心に学校教育の観点から教育全般をめぐる諸課題について研究・協議・発信を行う。当会を,外部有識者を委員とするシンクタンク「東京懇談会」とする。

②所掌事項

  • 文部科学省,中央教育審議会の動向と,その分析及び具現化に向けての研究
  • 教育委員会,学校が直面している課題についての調査・分析及び解決に向けての研究
  • 東京都における教育施策の分析及び具現化に向けての研究
  • 主な課題案
     教育全般:中教審の動向 教育委員会制度のあり方 等
     人材育成:教員養成・採用・研修のあり方 等
     学力状況:教員の授業実践状況調査 「算数・数学の自由研究作品の分析」等
     教科書関連:教科書の検定・採択制度における課題,教科書に期待する内容 等

③運営

1)懇談会

  • 懇談会は,原則年3回実施し,課題に応じて,講師講演(文部科学省,都教育庁幹部職員,区市教育長,教職大学院教授など)も随時行い,調査研究を深めていく。
  • 懇談会での議論を踏まえ,その課題や検討結果を広く発信していく。
  • 懇談会の下部組織として調査研究部会を設置し,科学的根拠(エビデンス)に基づいた調査研究を行い,そのデータの公開と分析結果の提言を行う。
     大江 近 委員  :座長,元早稲田大学客員教授
     清水 潔 顧問  :元文科省事務次官
     生形 章 委員  :秀明大学教授
     押尾 賢一 委員 :東京女子体育大学教授
     長谷川 純一 委員:東京理科大学講師
     細谷 美明 委員 :早稲田大学客員教授

2)調査研究部会

  • 主に学校経営や学級経営,教員の指導状況の実態調査(アンケート)を行い,その調査結果及び分析を懇談会に具申する。
  • 分析結果については,Rimse広報誌,研究紀要やHPを通じて発信する。
  • 特に実態調査の協力を頂いた市区町村教育委員会,校長会,研究部会等に対しては,該当教委の結果及び分析を適宜報告し,課題解決,改善の一助となるよう貢献する。
     小口 祐一 部長:茨城大学教授(算数・数学教育,統計)
     小西 康文 委員:茨城大学准教授(理科教育,統計)
     飯村 文香 委員:芝浦工業大学助教(英語教育)
  • なお,実態調査(アンケート)監修としてお二人の先生のご協力を頂いた。
     尾崎 春樹 先生:目白大学理事長,元国立教育政策研究所所長
     根岸 均 先生 :秋田大学客員教授,元秋田県教育長

2.調査研究部会について

①調査・研究の目的,狙い

  • 東京懇談会の協議から特定された課題について(教員の養成・採用・研修)
  • 現職の教員を対象に,算数・数学,小学校理科・中学校理科,小学校外国語・中学校外国語の3教科に焦点をあてて調査
  • 教育委員会事務局や学校長の経営方針と,授業者(先生)の実態を比較しながら,より良い授業実践につながるためのデータ収集,および情報提供を行っていく。

②調査・研究の概要

  • 調査内容
    教員研修・校内環境・学習内容からみる「主体的,対話的で深い学び」を目指した
    授業実践に関する調査
  • 今期調査期間
    平成30年4月1日~平成31年3月31日
  • 調査種別
     1)地教委調査(対面聞き取り方式)
     2)教員調査 (マークシート方式)3教科別
       ∗小学校算数・中学校数学アンケート
       ∗小学校理科・中学校理科アンケート
       ∗小学校外国語・中学校外国語アンケート
  • 集計システム
    新たに構築した集計システム(アンケートの質問項目の中から抽出したデータを任意の観点でフィルタリングしグラフで表示できる機能)を活用してデータを整理,分析する。
  • 集計データの運用
     1)毎期の全集計データは研究紀要(全国版)作成に活用する。
     2)地教委単位・部会単位・学校単位などニーズに応じて部分集計データを作成できる。
       一定の頻度でアンケート回答者(団体,学校)に情報提供することができる。
     3)その他の活用法,メリット
  • 調査・分析の公開,発信について
     1)研究紀要発刊(財団HPも併用)
       平成30年10月以降期ごと(予定)
     2)必要に応じたデータ提供
       書き方の工夫がいるが,アンケートに協力頂いた団体の要望により,
       特定の観点フィルタリングした集計データの提供を行う。

③調査・研究の結果の活用

  • 集計データの分析
  1. 主たる集計データの観点
    本プロジェクトでは,次の3つの観点について調査・集約・分析します。第1に,教員研修に関する観点です。参加して良かったと思う研修の内容,今後受講したい研修の内容などを調査・集約し,先生方の研修についてのこれまでの実態とこれからのニーズを明らかにします。第2に,校内環境に関する観点です。専科教員の配置,少人数指導や習熟度別授業の効果,副教材の購入,ICT教育対応のデジタル教材の導入,「わかる,できる」を保障する授業の工夫などを調査・集約し,校内環境の整備の実態や授業のユニバーサルデザインに向けた新たな取り組みを明らかにします。第3に,学習内容に関する観点です。算数・数学,小学校理科・中学校理科,小学校外国語・中学校外国語の3教科に焦点をあてて,授業で指導しやすい(児童生徒が理解しやすい)学習内容,授業で指導しにくい(児童生徒が理解しにくい)学習内容などを調査・集約し,児童生徒が理解しにくい学習内容について,そのつまずきの原因を分析します。これら3つの観点について集計したデータを分析し,「主体的・対話的で深い学び」となる授業実践の事例やヒント,コツなどを提案していきます。

  2. 新時代に対応した独自の視点
    本プロジェクトでは,教員研修,校内環境,学習内容という3つの観点について,調査結果の相互の関係を分析し,教員研修の内容と「主体的・対話的で深い学び」となる授業実践との関連,専科教員の配置などの校内環境と授業で指導しにくい学習内容との関連,ICT教育対応のデジタル教材の整備と児童生徒が理解しやすい学習内容,あるいは理解しにくい学習内容との関連など,これまでに類をみない視点で「主体的・対話的で深い学び」となる授業実践につながる要因を探索していきます。
    また,授業で指導しやすい学習内容と授業で指導しにくい学習内容との相違点について,観察・実験の行いやすさ,既習事項の定着しやすさ,図や言葉を使った説明のしやすさなどの多様な視点で抽出し,なぜ指導しやすいか,あるいは指導しにくいかという学習内容の易しさ,あるいは難しさの要因を探索していきます。

  3. 集計データからの深掘り
    本プロジェクトでは,教員研修,校内環境,学習内容という3つの観点から,「主体的・対話的で深い学び」となる授業実践に影響を及ぼす主な要因についての深掘りをしていきます。そして,今後の指導における具体的な提案や指導事例の情報を提供していきます。第1に,教員研修の観点から,受講した教員研修と受講したい教員研修とのずれを特定し,外部研修,校内研修の効果的な事例の情報を提供します。第2に,校内環境の観点から,授業のユニバーサルデザインの実施状況を詳らかにし,十分に実施されている箇所,あるいはまだ十分に実施されていない箇所が,「主体的・対話的で深い学び」となる授業実践に及ぼす影響についての深掘りをします。第3に,学習内容の観点から,児童生徒が理解しにくい学習内容に対するつまずきの原因についての深掘りをします。また,ICT教育対応のデジタル教材の使用状況を調査し,ICT環境が十分に整備されていることが,児童生徒が理解しやすいと感じる学習内容に及ぼす影響についての深掘りをします。
    本プロジェクトにおける全集計データは,新たに構築した調査集計システムを利用して研究紀要として情報を発信します。このシステムでは,任意に抽出した観点でフィルタリングしたデータ(部分集計データ)を作成する機能を付加しています。これらの部分集計データにつきましては,アンケートにご協力いただいた各団体のご要望があった場合は,可能な範囲で適宜発信することも可能です。既成の枠組みによるデータの利用というこれまでの一般的な教育データの利用法の常識を打ち破り,利用される方のニーズに応じたデータの集約・分析という新たな教育データの利用法を提案します。
    また,新学習指導要領対応の学習内容一覧表を資料としてアンケートに回答していただいています。今後10年にわたるデータの経年変化についての情報も提供する予定です。

3.東京懇談会調査研究部会:「教員研修・校内環境・学習内容からみる
 「主体的,対話的で深い学び」を目指した授業実践に関する調査」の中間報告(一部)

2019年6月

  • 今回の中間報告について
    昨年度より開始した本調査について,その調査結果の集計や分析については,2019年7月を目途に発表する予定です。今回は,2018年度に回収したデータ(総数1215人)をもとに,一部の集計データと暫定的な分析を掲載致しました。

  • 今回の掲載内容
    • a. 教員研修(PDF:641KB)
       ①最も印象に残っている校外研修
       ②これまでに参加した校外研修で良かったと思う研修の内容
       ③これまでに参加した校内研修で良かったと思う研修の内容
    • b-1. 学習内容(算数・数学)(PDF:1,694KB)
       ①授業で指導しにくいと感じる学習内容について
         →小学校,中学校
       ②主体的,対話的で深い学びの視点での授業改善について
         →小学校,中学校
       ③主体的,対話的で深い学びが実践できている学習内容,
        またこれから実施が必要だと思われる学習内容について
         →小学校,中学校
    • b-2. 学習内容(理科)(PDF:1,559KB)
       ①授業で指導しにくいと感じる学習内容について
         →小学校,中学校
       ②主体的,対話的で深い学びの視点での授業改善について
         →小学校,中学校
       ③主体的,対話的で深い学びが実践できている学習内容,
        またこれから実施が必要だと思われる学習内容について
         →小学校,中学校
    • b-3. 学習内容(外国語)(PDF:1,210KB)
       ①授業の担当者について
         →外国語,外国語活動
       ②授業で身に付けさせることが難しい学習内容について
         →小学校,中学校
       ③主体的,対話的で深い学びの視点での授業改善について
         →小学校,中学校

ページの先頭へ